三種飲み

普段ならやらない飲み比べ
https://www.instagram.com/p/Bcr2VBpnu4M/
三種の飲み比べ

私の好みでは、黒ですね。。。

年忘れ

昨夜は職場の忘年会、昨年は忙しくて参加出来なかったけど、今年は何とか落ち着いて仕事が出来ていたので参加することができた。

ただ、今回は、終わった後に運転をしなきゃならない用事が控えていたので、アルコールは一切禁とし、炭酸水のみで通した。

本当は、一体感をみせるためにも、アルコールを飲んでいないということを隠し、ノンアルコールビールをと思っていたんだけど、店側のメニューに無かったので仕方なく、皆と色が違う無色透明な炭酸水を選択した。

ああいう場で、アルコール無しで且つ、色が違うものを飲んでいると、ちょっと疎外感があると感じる。。。

同じ釜の飯を食うって訳でもないけど、同じものを飲むってことは一体感を高めるためには必要なことだと思うな。なので、アルコール禁であっても、できるだけ、皆が飲んでいるものと同じ色、雰囲気を出せるものを選択できることが大事だと思う

定番のモノ

「何にしようか?」

と迷った時の一皿

定番のお味

サバ缶と塩昆布のスパゲッティ

間違いの無い、安心のお味

ここから色々とアレンジは可能だけど、シンプルな味もいい感じだ

朝の一杯

寒さが一段と厳しくなってきた。

報道では、ラニーニャ現象が発生しているとか。。。
そのせいで今年の冬はいつもより寒さが厳しくなるとか。。。

まだまだこれから寒さが厳しくなってくるのは分かっているけど、それはそれで先が思いやられて辛いな。。。

さてさて、色々なところで目にする機会があったので、ちょっと真似てみて

最近、朝の一杯目に口にする物を、お白湯にしている。

最初は、何の味も変哲もないお白湯なんて、美味しくもなんとも無いじゃないかと思っていたけど、

飲んでみると、案外そうでもなく、不味いものでもない

それよりも、お白湯をいただくと、身体がいい具合に動き始めている感じがする。腸の動きもいい具合に活動を開始してくれている感じだ。

そうやって、私がお白湯を飲むようになっていると、家族中も飲むようになってきた。
皆に聞いていると、お白湯は朝の一杯目にはちょうどいい感じとの感想

とりあえず、身体、気持ちには好さそうなので暫くは続けてみる

二つで一つ

https://www.instagram.com/p/BckHnQHn6vI/

今夜は、黒と黄色。。。

二つを並べて飲む

どっちがイイか?


どっちも良い。

それぞれ美味しい。

今夜は、二つで楽しむ一夜

寒くても美味しいビールだった。

追加の話

昨日の、分科会について、もう少し追加の話

・最近の子供たちは「体験不足」である。体験する機会が少ない。体験(=自然を知る。自然を楽しむ)したことが無い子供たちが多い。特に都市部に住む子供たち。体験することについても、経済的な格差が影響している。
なので、子供たちに環境教育、自然は素晴らしい、などと説いても、自然を体験したことが無い子供たちにとっては、ピンとこないことが多い。
学校教育の中で、もっと体験する機会を増やしていくことが、環境教育にも繋がっていく。
タイ?はボーイスカウトの活動を義務教育の中に組み込んだ。そうやって体験させることが大事。

・リーダーを育てること、作ることが大事
ただ、教育・指導によってリーダーを作るのではなく、作った・育てたリーダーに現場を知ってもらう、体験してもらうことが大事。
地域の問題についても、国、自治体の問題についても、同じ。地域のリーダー、自治体の長等が、現場を訪れ、現場を観て、体験することで、当事者として、自分のこととして理解し、解決策を自分で意識して考えるようになる。それが、持続的に環境問題に取り組んでいける一歩となる。

ということであった。

ちょっとお勉強

f:id:caesarkazuhito:20171210122226j:plain
機会があり、
「環境と調和した持続可能な都市文明の構築へ」

f:id:caesarkazuhito:20171210153159j:plain

で話を聞いた。
国だけではなく、人々だけではなく、
社会、街、企業、暮らす人々、それぞれが役割を持って関わって行くことが大事。
環境保全、が絶対ではなく、地域地域に合った、ニーズに応じた対応が必要だ。

などなど、普段、聞かない話、血ガッた視点での感興に関する話が聞けた。